睡眠による認知症予防方法

睡眠は認知症に関わっています。この記事では、睡眠と認知症の関係性、認知症を予防する睡眠方法について、解説します。睡眠は、食事や運動と同等に、認知症予防においては重要なことなので、しっかりと睡眠をとる必要があります。

 

 

睡眠と認知症の関係とは

睡眠と認知症は関係があります。睡眠障害になると、アルツハイマー病のリスクが高くなると言われています。また長期的な睡眠不足によっても、アルツハイマーのリスクを高めることが分かっています。

 

睡眠の場合は、睡眠の質も重要だということも分かっています。つまり、十分な睡眠時間と質が、認知症の予防につながるということです。それでは、どうすれば良い睡眠をとることが可能なのでしょうか?

 

認知症を予防する睡眠の5つのコツ

良い睡眠をとるために、5つの認知症を予防する睡眠のコツを紹介します。

 

就寝1時間前から、スマホやパソコンを使わない!

スマホやパソコンからは、ブルーライトといわれる睡眠を妨げる光が出ています。なので、就寝前にスマホやパソコンを使うとブルーライトによって眠気が起こらず、就寝することが難しくなります。そのため、睡眠時間が短くなったり、睡眠の質が悪くなります。

 

食事は、就寝3時間前までに済ませる!

食事をすると、胃腸に血液が送られます。つまり、消化活動を行うために胃腸が活発になります。そのため、就寝3時間ほど前に食事を済ませることで、睡眠の質が高くなると言われています。

 

入浴は就寝2時間くらい前に行う!

人間は、体温が高い状態から低い状態に移行する時に眠気を感じます。なので、入浴を就寝の2時間くらい前に行うことで、すぐに眠ることができ、深い睡眠をとることができます。

 

昼寝は10分~15分!

昼寝は、脳を活性化することが分かっています。昼寝の時間帯は13時~15時の間に行うことが望ましいです。また昼寝は10分~15分くらいです。15分以上眠ってしまうと、夜眠れなくなります。その結果、本来寝るべき夜の睡眠において、睡眠時間と質が悪くなってしまいます。

 

夕方に運動する!

夕方に運動することで、睡眠の質が上がることが分かっています。運動によって適度にカラダがほぐれ、疲れを感じるようになります。そのため、眠りに入りやすく、質の良い睡眠ができます。

 

まとめ~食事と運動も大切!~

睡眠は認知症予防に関わる重要なことです。ですが、食事と運動も認知症の予防に大きく関係しています。食べ物によって、認知症予防に効果が期待できる栄養成分を含むものもあります。

 

そのような食べ物を摂取することで、認知症予防にも取り組むようにしましょう。

 

⇒認知症予防になる食べ物とは?