趣味による認知症予防方法

趣味をすることは、認知症予防の方法としては非常に効果的です。この記事では、どんな趣味をした方がいいのか?認知症予防に効果的な趣味のやり方はどのよなものか?などについて解説します!

 

 

 

認知症予防効果を高める趣味の楽しみ方とは?

趣味をするだけでも認知症予防になります。そこで、さらに認知症予防の効果を高めるために、ある方法を行うことをおすすめします。それは、「趣味を習いに行くこと」です。

 

趣味を習い事として行うと、同じ趣味の友人ができます。友人と会話することで、脳が活性化します。独りで趣味を行うよりも、さらに認知症予防の効果が高まります。

 

 

認知症を予防する趣味の例と、そのポイント

趣味は、自分が好きなことをするのが良いですが、現時点で趣味がない人もいるでしょう。そこで、どのような趣味があるのかを紹介します!

 

楽器

楽器は、音に合わせて手を使ったりするので、非常に脳が活性化します。なので、ピアノ、ギターなどを今からでも始めてみてはいかがでしょうか。

 

手芸

手芸も手を使うため、脳が活性化します。

 

カラオケ

カラオケも、他人とコミュニケーションを取りながら、音に合わせて発声するので、脳が活性化します。

 

対戦ゲーム

囲碁や将棋、チェス、オセロなどの対戦ゲームも脳を活性化させるため認知症予防に効果があります。また他人とコミュニケーションをとるので、さらに脳が活性化します。

 

ペットの世話

ペットの世話をすることも脳の活性化に繋がりますので、認知症予防につながります。

 

スポーツ

スポーツは他人とのコミュニケーションをとるだけでなく、カラダを動かすことで脳が活性化します。

 

旅行

旅行に行くと、日常では体験できないような、未知の場所に行くことで脳が活性化します。

 

まとめ~食事、睡眠、運動が一番重要!~

趣味は認知症予防につながります。ですが、最も認知症予防で徹底したいのは、食事・睡眠・運動です。実際、これらの認知症予防効果に対する研究結果がたくさん出ています。

 

例えば、DHA・EPAなども飲んでおくと将来のリスクを減らすことができます。

 

⇒今から安心!DHA・EPAサプリメントのおすすめ