食事による認知症予防方法

認知症の予防方法として、日常生活で簡単に取り入れることができる「食事」について紹介します!まず認知症を予防するためには、食事の方法として2つのルールがあります。

 

そのルールを守った上で、認知症予防に効果があると言われる特定の栄養成分を摂取すると、より予防効果が上がるでしょう。

 

 

認知症を予防する食事の2つのルール

まず認知症を防ぐための食事の方法として、2つの大切なことを紹介します。

 

野菜や果物を中心にたくさん食べる!

野菜や果物は認知機能の低下を防ぐということが、多くの研究で紹介されています。なので、アルツハイマー型認知症を食事で予防するには、野菜や果物を多く摂るようにするのがポイントです。

 

栄養をバランスよくが良い!

また1つの栄養成分を大量に摂取したり、特定の栄養成分を大量に摂取しても、認知症予防に効果を発揮しないことが分かっています。つまり、栄養をバランス良く摂取する必要があるということです。なので、認知症予防のために、できるだけ複数の栄養を摂取しましょう!

 

この2つの食事方法を実践することを前提として、以下にアルツハイマー型認知症の予防に良いと言われている栄養成分について紹介します!

 

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEは、細胞の老化を抑制する!

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEは、細胞の老化を抑制することが証明されています。アルツハイマー型認知症は、老化が主な原因です。なので、老化を抑制する栄養を摂取することで、認知症の予防につながります。

 

ただし、ビタミンEの場合は大量に摂取したとしても、それほど大きな効果が見られませんでした。

 

食事でビタミンAを豊富に摂取できる食べ物
  • 鶏レバー
  • うなぎの蒲焼
  • ホタルイカ
  • たまご
  • にんじん
  • ほうれん草
  • かぼちゃ

 

食事でビタミンCを豊富に摂取できる食べ物
  • パプリカ
  • パセリ
  • レッドキャベツ
  • ゴーヤ
  • ピーマン
  • レモン
  • キウイフルーツ
  • イチゴ

 

食事でビタミンEを豊富に摂取できる食べ物
  • アーモンド
  • オリーブオイル
  • うなぎの蒲焼
  • いくら
  • あゆ
  • いわし
  • たらこ

 

葉酸は、アルツハイマー病のリスクが半減する!

葉酸には、アルツハイマー病のリスクが半減すると言われています。なので、葉酸はアルツハイマー型認知症の予防には効果を期待できるでしょう。

 

食事で葉酸を豊富に摂取できる食べ物
  • 鶏レバー
  • 牛レバー
  • 豚レバー
  • うなぎ
  • うに
  • 枝豆

 

魚の摂取がアルツハイマー病を予防する!

DHA、EPAは、血液サラサラ成分として有名です。DHA・EPAは、アルツハイマー病の予防になることが多くの研究で分かっています。なので、アルツハイマー型認知症の予防を行いたい方は、DHA・EPAの摂取は必要です。

 

食事でDHA・EPAを豊富に摂取できる食べ物
  • サケ
  • サバ
  • さんま
  • マグロ
  • イワシ
  • オリーブ油
  • エゴマ油
  • シソ油

 

まとめ~大人にとっては重要!効果的な栄養成分の補い方~

大人は認知症を食事で予防する場合、知っておくべきことがあります。それは、加齢に伴って栄養の吸収力が低下してくるということです。

 

腸や胃も老化します。その結果、食べ物から得られる栄養の吸収率が低下してしまうのです。そのため、、大人の場合は、サプリメントなどで栄養を補う必要があります。そうすることで、効果的に栄養成分を吸収できます。

 

⇒栄養を効率的に吸収!おすすめサプリメントはこちら