運動や体操による認知症予防方法

運動することが、認知症の予防に効果があることが分かっています。この記事では、運動と認知症の関係、認知症を予防する運動方法について解説します。

 

運動には、ジョギングやスポーツなどもありますが、それほど負担が少ない体操や歩行でも十分効果がありますので、しっかりと運動と認知症の関係について学びましょう!

 

 

 

運動と認知症の関係

運動は、認知症の予防として非常に効果的です。運動の効果は、心拍数が上がり、血液循環が良くなり、呼吸も深く大きくなります。その結果、脳へ達する血液や酸素も増える。そして、脳が活性化されます。そのため、認知症の予防に効果があることが分かっています。

 

また中年期に心肺・運動機能を高めておくことで、高齢期になった時に認知症を予防できることが分かっています。つまり、中年期に認知症予防に取り組んでおくと20年~30年後に報われるということです。

 

認知症を予防するための運動方法

それでは、認知症を予防する運動方法として、どのようなものがあるのでしょうか?運動量としては、1日30~50分程度の歩行が適当です。ですが、ポイントは、楽しく、一日一時間以上カラダを動かすことです!

 

認知症を予防する運動方法の紹介

認知症を予防する運動方法には次のようなものがあります。ここでは、その運動方法のポイントと併せて紹介します!

 

歩く

歩くことは、カラダへの負担が少ない運動方法です。過激な運動が苦手だという方は、毎日ウォーキングすることで認知症予防に取り組むと良いでしょう。実際、毎日歩くことで認知症の予防に効果があることが分かっています。

 

走る

走ることも、認知症予防につながります。ですが、カラダへの負担が大きいため注意して下さい。また早朝のジョギングは控えて下さい。早朝は、気温が低かったり、、起きたばかりで、血管収縮しています。そのため、早朝ジョギングをすることで血管に負担がかかり、脳卒中や心筋梗塞になるリスクを高めてしまいます。

 

自転車

自転車でサイクリングすることも認知症の予防につながります。ただし、高齢の方は、交通事故の危険があるため注意が必要です。

 

柔軟体操

柔軟体操は、最も手軽にできる認知症予防の運動方法です。この運動方法は、是非毎日の日課にしましょう。柔軟体操は、身体を柔らかくすることで、歳をとってからの転倒なども防げます。柔軟体操によって得られる効果は高いので、欠かさず行いたい運動方法です。柔軟体操は、ラジオ体操で十分です。

 

水泳

水泳は、水によるマッサージ効果も得られる運動方法です。また水中ウォーキングなどであれば、カラダへの負担が少ないためおすすめです。

 

スポーツ

スポーツをすることは、認知症予防に有効です。スポーツをすると、カラダを動かすだけでなく、人とのコミュニケーションやゲームとして楽しめるので、脳が活性化されやすいです。卓球、ゲートボール、ゴルフなどは、比較的負担の少ないスポーツなので、歳をとっても趣味として続けられるのでおすすめです。

 

まとめ~認知症を予防するためには運動だけではダメ!~

認知症を予防するには、運動だけでは足りません!あらゆる認知症予防につながる方法を、日常生活に取り入れて習慣化する必要があります。特に重要なのは、食事、運動、睡眠です。これからは人間生活に欠かせないものであり、生活習慣病に関わっている他、もちろん認知症予防にも関係しています。

 

この記事では、運動を学びました。なので、続いては食事について学び、認知症予防に効果があると実証されている食べ物を食べるようにしましょう!

 

⇒認知症予防に効果あり!食べ物を紹介!