料理をすることによる認知症予防方法

料理をすることも、認知症の予防につながります。料理を行うには、様々な判断が必要になるので脳が活性化します。その結果、認知症の予防につながります。

 

 

 

料理をすることによる認知症予防効果

料理を行うためには、毎日同じ料理にならないように献立を考えたり、食材を選んだり、手を動かしたすので脳が活性化します。また、「誰かのために料理を作ってあげよう」とすることでも脳は活性化します。

 

人間は、社会性の高い生き物ですので、他人を思いやる気持ちが脳の働きを良くするのです。なので、女性だけでなく、男性であっても料理をしてみるようにしましょう!

 

料理で認知症を予防するコツ

料理で認知症を予防するコツについて解説します!ただ料理するだけでなく、料理の仕方によって認知症の予防効果をさらに高めることができます。すべてのコツを取り入れる必要はありません。楽しみながら料理で認知症を予防するコツを実践してもらえたらと思います。

 

毎日違うメニューを作る!

毎日違うメニューを作るようにすることで、認知症の予防効果が高まります。毎日違うメニューにするには、最近のメニューを思い出す必要があります。思い出せないと、数日前に作った料理を作ってしまうこともあります。

 

なので、これまで作った料理を思い出して作ることで、認知機能が活性化します。なので、毎日違うメニューを作ると認知症予防に効果的です。

 

複数の事を同時に行う!

複数の事を同時に行うことで、認知症予防の効果を高めることができます。複数の事を同時に行うとは、複数のメニューを同時に作るということです。汁物を作りながら、おかず料理をつくったりすることです。

 

同時に複数の行為を行うと、脳が活性化します。複数の料理を同時に行うには、どの料理をどの手順で作るのかを考え、料理する必要があります。それが脳を活性化させることになります。

 

誰かのために料理を作る!

誰かのために料理を作ることも大切です。誰かのために料理を作ることで、脳が活性化します。人は他人のために何をしてあげようとすることで、脳が活性化するようになっています。

 

なので、誰かのためを思って、喜んでもらおうと思って料理をする。そして、喜んでもらえたら、さらに脳が活性化します!なので認知症の予防のために、誰かのために料理してみましょう!

 

認知症の予防効果がある食材を使って料理する!

認知症の予防効果がある食材を使って料理することも有効があります。どうせ料理をするなら、認知症に良い栄養成分が含まれた食材を使って料理をした方が、認知症の予防効果が高まります。

 

例えば、サラサラ成分として知られるDHA・EPAは、認知症の予防にもなると言われています。そのため、DHA・EPAが含まれた食材を食べるのも良いでしょう。

 

具体的にどのような食材が認知症の予防に良いのかは、下の「まとめ」で案内しているので、参考にして下さい。

 

こだわった料理を作ってみる

こだわった料理を作ってみるのも認知症の予防に効果があります。例えば、イタリアンやフランス料理などは料理の工程が多かったりする料理のあるので挑戦してみるといいでしょう。

 

こだわった料理を作るには、レシピを読み、レシピを確認しながら、料理を行うことで、頭を使います。そのため、認知症の予防の効果が高まります。また料理を趣味のように行うことで、さらに認知症の予防の効果が高まります。

 

料理を趣味として行うようにすれば、さらに「楽しい」という気持ちが脳を活性化させます。それによって、さらに認知症予防の効果が高まります。

 

まとめ

料理は脳を活性化させます。料理で認知症予防の効果を高めるために、料理で認知症を予防するコツも日常生活の料理で行うようにして下さい。そうすれば、より認知症の予防につながります。

 

そこで、料理をする際には、認知症の予防に効果があると言われている食べ物を使った料理を行うと、より認知症予防につながります。

 

⇒認知症予防に良い食べ物とは