コミュニケーションによる認知症予防方法

コミュニケーションは認知症の予防に効果があります。引きこもりは、ボケの始まりとも言えます。なぜなら、引きこもりで家にいると、運動量が減るため脳が衰えます。また新しい刺激がないため、脳が衰えてしまいます。

 

この記事では、コミュニケーションによって認知症を予防するコツを紹介します。

 

 

認知症を予防するためのコミュニケーションの5つのコツ

コミュニケーションは私たち人間にとっては、あらゆる認知機能を活用して行う非常に高度な脳の働きです。なので、コミュニケーションを行うことで、脳がフル回転し、認知症予防につながります。

 

そこで、認知症予防につながるコミュニケーションの5つのコツを紹介します!

 

趣味や習い事をしよう!

趣味や習い事をすることで、人との交流を持つことができます。「話す相手がいない」という人もいるかと思いますが、趣味や習い事によって形成されるコミュニティに属することで、自然と話し相手が出来てしまいます!

 

また趣味や習い事をすることで、「楽しい」「もっと上達しよう」といった感情が、脳をさらに活性化させます。また身体を動かす趣味や頭を使う趣味であるなら、それも脳の活性化に繋がります。

 

なので、趣味や習い事を見つけるために色々なコミュニティに参加してみましょう!そうやって自分にピッタリの趣味を見つけましょう!

 

ご近所あいさつから始めよう!

ご近所あいさつをしない方もいます。ですが、ご近所あいさつは、まさにコミュニケーションです。なので、ご近所あいさつを行うことで、脳の活性化につながります。面倒がらずに行うようにしましょう!

 

同窓会には出席しよう!

同窓会は脳活性化にもってこいです。面倒がって出席しない方もいるようですが、認知症予防の観点でいうと、必ず出席したいものです。同窓会に参加すれば、コミュニケーションを行うだけでなく、新鮮な刺激をたくさん得られます。

 

そのため、同窓会に参加することは、かなりの脳の活性化につながります。同窓会をきっかけに、疎遠になっていた友人と連絡を取り合うことになることもあります。話相手が見つかるいい機会ですので、必ず同窓会には出席しましょう!

 

恋心を忘れないようにしよう!

恋心は、脳を活性化します!恋心は、私たち人間の本能的なものなので、脳が活性化します。歳をとるにつれて、恋心を忘れてしまっている方も多いと思いますが、今一度”恋心”を取り戻してみましょう!

 

例えば、「女性アイドル・男性アイドルのファンとして、応援する」「好きなアイドルが出演しているテレビ番組、コンサート、舞台などを見に行く」などを行うことで、トキメキを感じることができるでしょう。

 

未体験をどんどん体験しよう!

初めての場所に行ったり、初めての人に会うと、脳はたくさんの刺激を受けます。なので、認知症予防に効果があります。そこで、自分がこれまでに行ったこもないような場所、食べたことがない料理、会ったことがない人に出会える場所などに出かけてみましょう!

 

まとめ~認知症予防に、食べ物と運動が大切!~

認知症予防にはコミュニケーションをとることも大切です。ですが、食事や運動も大切です。例えば、DHA・EPAは認知症の予防が期待できることが分かっています。そのような成分を補うことによって、さらに認知症の予防に取り組むことが可能です。

 

⇒うっかりを予防!おすすめのDHA・EPAサプリメント