軽度認知障害で改善?アルツハイマー型認知症発症前の予防方法

アルツハイマー型認知症になってしまうと、なかなか治らないのではないか?そんな心配をされている方も多いことでしょう。ですが、認知症は早期発見で予防できることが分かっています。キーワードは、「MCI(軽度認知障害)」です。

 

「MCI(軽度認知障害)」はご存知でしょうか?ここでは、軽度認知障害と認知症の予防方法についてお話しします!具体的に、どんな事を実行すれば、認知症が予防できるのかが分かります。

 

 

 

MCI(軽度認知障害)とは何か?

MCI(軽度認知障害)とは、認知機能の衰えが確認されるが、生活に支障がない段階のことを言います。なので、MCI(軽度認知障害)は認知症ではありません

 

このMCI(軽度認知障害)になっている場合は、認知症を約5年以内に発症する可能性が高くなると言われています。なので最近では、MCI(軽度認知障害)の間に、認知症の発症を防ぐことができないか?と注目されています。

 

物忘れの場合、一般的な知識を忘れます。一方、アルツハイマー型認知症になると、経験した出来事自体を全部忘れてしまいます。なので、認知症か物忘れかの違いを見分けるポイントとしては、「日常生活に支障があるかどうか」です。

 

日常生活に支障が出たと感じたときには、もうすでに認知症を発症している可能性が高くなります。

 

認知症を予防するには?

では、MCI(軽度認知障害)は物忘れと見分けることができるのでしょうか?MCI(軽度認知障害)の間に、認知症の発症を予防すると言っても、MCI(軽度認知障害)になっているかどうかを確認できないと、予防することはできません。

 

MCI(軽度認知障害)の場合は、自分で物忘れと見分けることは困難だと言われています。現在の医学では、MCI(軽度認知障害)になっているかどうか知るには医師による診断が必要だと言われています。

 

なので、私たちができるアルツハイマー型認知症の予防策は、「気になったら、すぐに医師に相談する」ということです。

 

日常生活で認知症予防に取り組むことが大切!

また普段から、日常生活で認知症予防に取り組むことが大切です。これによって認知症発症のリスクを減らすことができます。

 

⇒認知症予防に有効な12の方法とは